コラム

血管年齢を実年齢よりも若く保つ秘訣!!

いつまでも若々しくあり続けるには見た目ももちろん大事ですが、体の中のことも忘れてはなりません。
健康であることが見た目の若々しさにも繋がるからです。
では体内の若々しさ、例えば血管を実年齢よりも若く保つためには、一体どうすれば良いのでしょうか。

 

血管を若く保つ秘訣の一つが「エラスチン」という成分です。
柔軟性と弾力性に優れたタンパク質であるエラスチンは、肌や靭帯、肺そして血管にも多く含まれています。
体内のエラスチンは年齢と共に減少しますが、血管においてはその半分がエラスチンで構成されており、エラスチンが不足すると柔軟性や弾力性が低下します。
つまり血管が硬くなってしまうということですね。
血管が硬くなると血流が悪化して体の様々な部位で酸素や栄養が不足することになり、高血圧や心筋梗塞、脳卒中などの病気が発症する可能性が高まります。
それ防ぐためには血管の柔らかさと弾力を維持しなければなりません。
血管の柔らかさと弾力を保つにはエラスチンを不足させない、要するにエラスチンを積極的に摂ることが重要になってくるのです
また柔らかく弾力のある若々しい血管で安定した血流が得られれば、全身に十分な酸素と栄養が行き渡り、肌などの若々しさも保たれます。
体に良いとされている成分は色々とありますが、若さを保つためにはエラスチンも積極的に摂るようにしたいものですね。

 

肉や魚などのタンパク質を多く含む食材でも摂取出来るエラスチンですが、サプリメントを上手く利用することもおすすめです。
同時にエラスチン不足を引き起こす紫外線やストレス、たばこなどもなるべく避けるようにしたいですね。
若さを維持するカギとなるエラスチン、ぜひ皆様も取り入れてみてはいかがでしょうか。