コラム

ほうれい線が気になりはじめたら・・・

老けて見える原因は色々ありますが、その一つはやはりほうれい線ですよね。
年を重ねるとどうしてもほうれい線が目立ってきますし、避けられない事かもしれません。
とは言っても、どうにかしてほうれい線が目立つのを先延ばしにしたいという方は多いでしょう。
そんな方は「エラスチン」を摂取してみてはいかがでしょうか。

 

エラスチンとは皮膚や血管、靭帯、肺などに含まれるタンパク質です。
皮膚を構成する成分のうち2~5%がエラスチンで、血管(50%)や靭帯(80%)に含まれるエラスチンに比べると量は少なめです。
しかし皮膚に含まれるエラスチンはとても重要な役割を持っています。
柔軟性と弾力性に優れるエラスチンは、コラーゲン同士を繋ぐ事によってハリと弾力のある肌を生み出しています。
エラスチンが不足すると肌のハリや弾力が失われてしわやたるみが起こり、ほうれい線も目立つようになります。
つまりほうれい線が目立つのを防ぐには、エラスチンを不足させない事が重要なのです。
体内のエラスチンは加齢とともに減っていきますので、ほうれい線対策として減った分をしっかりと補給するようにしたいですね。

 

エラスチンはすじ肉や軟骨、手羽先などといった食品からも摂取出来ますが、より手軽なのはサプリメントです。
エラスチンに加えてコラーゲンやビタミンなども含まれたものなら、美肌効果もさらに高くなりますね。
またエラスチンが減る原因としてストレスや紫外線、喫煙なども挙げられますので、それらもなるべく避けるようにしましょう。
ほうれい線対策をするなら、エラスチンの減少を抑えつつ積極的に補給する事が大事ですよ。