コラム

加齢とストレスによって減少してしまいます!

健康や美容に大きな効果が期待出来る成分として注目されているエラスチンは、その柔軟性と弾力性の高さから、皮膚や血管、靭帯、肺などで欠かせない存在となっています。
しかし様々な原因によって体内のエラスチンが減少し十分な量が確保出来なくなれば、各部位で深刻なエラスチン不足が引き起こされてしまうでしょう。
エラスチンが減少する原因には、具体的にどのようなものがあるでしょうか。

 

エラスチンが減少する原因の一つが「加齢」ですね。
肌のしわやたるみ、動脈硬化、膝などの関節の痛みといった加齢による不調は、エラスチンの量が減り、エラスチンを必要とする各部位でエラスチン不足が起こる事と大きく関係していると言えます。
またストレスや紫外線、喫煙などもエラスチンを減少させると言われています。
加齢によるエラスチンの減少がまだ気にならない年代の方でも、ストレスなどからエラスチン不足が起こる可能性は十分にあります。
加齢によるエラスチンの減少は避けられないかもしれませんが、ストレスなどによるエラスチンの減少は避けられます。
さらに積極的にエラスチンを摂取すれば、加齢からのエラスチン不足も防ぐ事が出来るでしょう。

 

エラスチンの摂取方法として手軽なのはサプリメントです。
コラーゲンやビタミンなど、エラスチン以外の成分も含まれたものならより効率的ですね。
またすじ肉や軟骨、手羽先などの食品からもエラスチンを摂取出来ます。
健康や美容の事をお考えでしたら、ぜひエラスチンを取り入れてみてはいかがでしょうか。