コラム

もちもち肌が硬くなったら老化のサインです!

健康的で若々しい理想的な肌を「もちもち肌」と呼んだりしますよね。
しかし年を重ねると共に肌は少しずつ「もちもちしない肌」になっていきます。
このように肌が硬くなっていくのは、老化のサインの一つなのです。

 

そもそももちもち肌はなぜもちもちしているのでしょうか。
これには「エラスチン」と呼ばれる成分が大きく関わっています。
エラスチンはたんぱく質の一種で、高い弾力性と柔軟性を持っているという特徴があります。
皮膚の70~90%がコラーゲンによって作られていますが、コラーゲンだけではもちもち肌は生まれません。
弾力性と柔軟性に富んだエラスチンがコラーゲン同士を繋ぐことで肌にハリが生まれ、もちもち肌になるのです。
しかしエラスチンもコラーゲンも、加齢と共に減少します。
もちもち肌に欠かせない柔軟性と弾力性を生むエラスチンが不足すれば、肌からハリが失われ、もちもち肌ではなくなります。
もちもち肌にエラスチンは不可欠であり、老化によってエラスチンが不足するということから、「もちもち肌が硬くなる=老化」となるわけですね。

 

もちもち肌をなるべく長く保つためには、エラスチンを積極的に摂るようにしましょう。
たんぱく質を多く含む食材、特にすじ肉や軟骨、手羽先などがおすすめですが、サプリメントも上手く活用すると良いですね。
コラーゲンやビタミンもまとめて摂取出来るサプリメントならさらに効率的です。
またエラスチンは紫外線や喫煙、ストレスでも減少すると言われていますから、これらを避けることも心掛けましょう。