コラム

最近よく聞く「糖化」!実は老化と関係ありなんです!

体内で活性酸素が増え酸化すると老化が進みやすく病気にもなりやすいということはご存知の方も多いと思います。
そしてその酸化に加え、最近では「糖化」も注目されています。
糖化とはどのような現象なのでしょうか。

 

食事をすると様々な栄養が体内に取り入れられますが、必要以上に糖質を摂取すると余った糖質がたんぱく質や脂質と結びつきます。
糖質と結びついたたんぱく質や脂質は糖化生成物「AGE」となり、細胞を老化させるようになるのです。
これを「糖化」や「メイラード反応」などと呼びます。
お菓子で言えば糖化はおいしそうな焼き色がつく現象ですが、体内で起こる糖化は様々な問題を引き起こします。
例えば肌においては弾力や透明感がなくなってしまいますし、髪のつやも失われます。
血管が糖化すると動脈硬化が起こりやすくなり、脳梗塞や心筋梗塞の恐れも出てきます。
他にも加齢と共に起こりやすくなる様々な症状が、糖化によっても引き起こされるのです。
糖化は老化と密接に関係していると言っても良いでしょう。
糖化予防としては「食事の内容に気を付ける」「適度な運動」「禁煙」などがあります。
また糖化によって失われやすい柔軟性や弾力性を維持するのに必要な成分である「エラスチン」を摂取するのもおすすめです。
エラスチンは高い柔軟性と弾力性を持つタンパク質で、皮膚や血管、靭帯などに含まれています。
加齢と共に減少する成分のため、若々しさを保つには意識的に摂取する必要があります。
健康面でも美容面でも老化を防ぐために欠かせないエラスチンは、糖化予防としても活用できるでしょう。

 

エラスチンはすじ肉や手羽先、軟骨などに多く含まれている成分ですが、サプリメントを利用すれば手軽に摂取できます。
接種のタイミングとしては就寝前がおすすめですね。
またストレスや紫外線、喫煙は老化を進行させやすく、エラスチンを減少させる要因でもあります。
これらもなるべく避けるようにしましょう。
皆様もエラスチンで健康的で若々しい身体を手に入れませんか?