コラム

お肌のハリに内側からアプローチ!

年を重ねるにつれて肌のハリがなくなってきた、なんてお悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
対策として思い付くのはアンチエイジング効果のある化粧品でのスキンケアですが、内側からのアプローチもぜひおすすめしたいですね。
特にお肌のハリのためには、エラスチンの摂取が効果的ですよ。

 

美肌に欠かせない成分としてよく知られているのはコラーゲンやヒアルロン酸ですが、実はエラスチンもとても重要な成分です。
エラスチンは柔軟性と弾力性に優れたたんぱく質で、皮膚だけでなく靭帯や血管、肺などにも含まれています。
皮膚におけるエラスチンの割合は2~5%で、70~90%を占めるコラーゲンに比べるとそれほど多くはありません。
しかし例え2~5%であっても、エラスチンがあるのとないのとでは肌の状態は全く違ってきます。
強度の高いたんぱく質であるコラーゲンとコラーゲンの間を、弾力性の高いエラスチンが繋ぐことで、ハリのある肌になるのです。
肌に水分を与えてくれるヒアルロン酸も、エラスチンが不足していては十分な力を発揮できません。
ハリのある若々しい肌は、エラスチンなくしては得られないのです。

 

エラスチンで内側から肌にアプローチする方法として、まずは食品でのエラスチンの摂取があります。
エラスチンはすじ肉や軟骨、手羽先などといったたんぱく質の豊富な食材に含まれています。
とはいえ普段の食事だけで十分なエラスチンを補給するというのはなかなか難しいため、サプリメントも積極的に取り入れるのが良いでしょう。
サプリメントならコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンなどもあわせて摂取できて便利です。
またエラスチンは加齢で減少するだけでなく、紫外線や喫煙、ストレスなどでも減ってしまうと言われています。
エラスチンを減らさないように心掛けるのも大事ですね。
積極的にエラスチンを摂取して、内側からお肌にアプローチしましょう。