コラム

紫外線が強くなる前に始めましょう!

「紫外線対策は日差しが強い夏だけ」という方もいらっしゃるかもしれませんが、紫外線は年中降り注いでいます。
また紫外線には種類があり、肌へのダメージなど異なる特徴を持っています。
それぞれの紫外線でどんな違いがあるのでしょうか。

 

紫外線の中でも、地球上で生活していて対策が必要になるのはUV-AとUV-Bです。
UV-Aは年中降り注いでいる紫外線で、窓ガラス越しの日差しでも肌にはダメージになります。
日焼け止めではPAの+の数が多くなるほどUV-Aを防ぐ効果が高くなっています。
対するUV-Bは特に5~8月に多い紫外線で、10~3月は少なめです。
皮膚は表皮・真皮・皮下組織で構成されていますが、UV-Bは表皮にダメージを与え、炎症や日焼けさらにシミやそばかすを引き起こします。
日焼け止めではSPFの数値が高い方がUV-Bを防ぐ効果が高くなります。
UV-AはUV-Bほど急激なダメージはないものの、真皮にまで届く紫外線ですので、真皮にあるコラーゲンやエラスチンに悪影響となります。
UV-Aを浴び続けるとコラーゲンやエラスチンがダメージを受け、しわやたるみが引き起こされます。
さらにすでに肌に存在するコラーゲンやエラスチンがダメージを受けるだけでなく、新しく作られるコラーゲンやエラスチンの質が悪くなったり、作られにくくなったりする恐れもあります。
紫外線が強い時期にUV-B対策をするのももちろん重要ですが、一年を通してUV-A対策をすることも美肌には欠かせないのです。

 

紫外線対策と共にぜひおすすめしたいのがエラスチンの摂取です。
柔軟性と伸縮性に優れたたんぱく質であるエラスチンは、しわやたるみのない、ハリのある肌を生み出してくれます。
紫外線の他、加齢やストレス、喫煙などでも減少しますので、美肌のためにはエラスチンを積極的に摂取するのが良いでしょう。
すじ肉や手羽先、軟骨などからも摂取できますが、サプリメントなら手軽ですね。
コラーゲンやビタミンなども含まれたサプリメントを就寝前に摂取すればさらに効果的です。
お肌のことが気になる皆様、エラスチンで美肌を手に入れましょう。