コラム

筋膜の柔らかさを保つにはエラスチン!

全身の筋肉は何層にもなる「筋膜」と呼ばれる膜で包まれています。
筋膜は単に筋肉を包んでいるだけのものではなく、血管や神経、骨、内臓などとも密に繋がりながら、それぞれの組織を支える役割も持っています。
筋肉を守り、スムーズな動きをサポートしている筋膜ですが、それを実現しているのがエラスチンという成分です。

 

エラスチンは弾力性と伸縮性に優れたたんぱく質で、皮膚や血管、靭帯などにも欠かせません。
筋膜にはエラスチンと共に、同じくたんぱく質であるコラーゲンも含まれていますが、コラーゲンは強度が高いという特徴があります。
エラスチンがしなやさを、コラーゲンが強さを、筋膜にもたらせてくれているわけですね。
怪我や長時間同じ姿勢を続けるなどの理由から特定の部位に強い負担がかかると、筋膜によじれや癒着が起こります。
そうなると身体がスムーズに動かせなくなるだけでなく、痛みなども引き起こされてしましますので、筋膜のねじれを解消する治療が行われることもあります。
また筋膜の柔らかさを保つには、その柔らかさに欠かせないエラスチンを積極的に摂取することが大事です。
体内のエラスチンは年を取るにつれて減っていきますし、紫外線や喫煙、ストレスなどもエラスチンを減少させます。
減った分を補給しエラスチン不足を防げれば、身体をスムーズに動かすための筋膜の柔らかさを保つことができるでしょう。

 

エラスチンはたんぱく質ですから、すじ肉や軟骨、手羽先などの食材からも摂ることができます。
ただ食事だけで十分なエラスチンを補うというのは簡単ではありませんので、サプリメントを上手く活用すると良いでしょう。
サプリメントならコラーゲンやビタミンなども同時に摂取できるというメリットもあります。
さらに就寝前に摂取するとより高い効果が期待できます。
筋膜の柔らかさにはもちろん、美容や健康にも欠かせない成分であるエラスチン、ぜひ皆様も日々の生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。