コラム

美肌以外にも期待大!血管年齢が若返る!?

エラスチンは肌に良い成分としてご存知の方も多いと思いますが、その効果は美肌だけではありません。
美容にも健康にも、高い効果が期待出来る成分なのです。
例えば血管年齢にも、エラスチンは大きく関係していますよ。

 

血管も他の部位と同じように加齢と共に変化していきますが、誰もが同じように変化するわけではありません。
実年齢よりも若々しい血管を持つ方もいれば、実年齢より老化の進んだ血管の方もいます。
この血管年齢を大きく左右しているのがエラスチンです。
エラスチンは高い弾力性と伸縮性を持つたんぱく質で、血管においては50%がエラスチンでできています。
エラスチンが弾力性と伸縮性をもたらすことで、柔らかくしっかりと伸び縮みする血管が生まれるわけですね。
このようなエラスチンを豊富に含むしなやかな血管は「血管年齢が若い」ということですが、これは全身の健康にも影響を与えます。
しなやかさのない硬い血管で酸素や栄養を全身に送るには強い力で、高血圧などの形で身体に負担がかかります。
それだけの負担をかけても十分な酸素や栄養が行き届かないこともありますし、心筋梗塞などを発症する危険性も高まります。
血管年齢が若ければ無理なく酸素や栄養を送ることができ、それが全身の健康へと繋がるのです。

 

エラスチンは血管の他、皮膚や靭帯、肺など様々な部位に含まれますが、年を重ねるにつれて減っていきます。
そのため積極的にエラスチンを摂取して十分な量を確保することが、健康や美容には不可欠です。
すじ肉や手羽先、軟骨などからもエラスチンは摂取できますが、手軽なのはサプリメントですね。
コラーゲンやビタミンなども含まれたものを、就寝前に摂取するとより高い効果が期待できるでしょう。
紫外線や喫煙、ストレスなどはエラスチンを減少させる要因ですので、なるべく避けることも心掛けてください。
血管年齢をはじめ全身の若さを保つためにも、エラスチンを積極的に摂取していきましょう。