コラム

靭帯損傷や関節痛の改善にエラスチンが効果を発揮!

スポーツや交通事故などで靭帯を損傷するというのは珍しいことではありません。
また靭帯損傷まではいかなくとも、体の様々な部分の関節に痛みが出ることはよくありますよね。
このような靭帯損傷や関節痛の予防効果が期待できる成分として、ぜひおすすめしたいのがエラスチンです。
エラスチンは美容成分というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、健康面でもエラスチンは高い効果を発揮してくれますよ。

 

エラスチンは弾力性と柔軟性に優れた、ゴムのような特徴を持つたんぱく質です。
靭帯の他、血管や肺、肌などに多く含まれています。
靭帯においては80%ほどがエラスチンで構成されており、血管の50%や肌の2~5%と比べると、靭帯が実に多くのエラスチンを必要としているのがお分かりいただけるでしょう。
しかしエラスチンの占める割合が多いということは、エラスチン不足が深刻な問題に繋がりやすいということでもあります。
靭帯のエラスチンが不足すると柔軟性が失われ、スムーズな動きができなくなります。
ただ動かしづらいだけでなく、痛みが出る場合もあります。
これが関節痛ですね。
柔軟な動きができず負荷や衝撃に耐える力も低下すれば、靭帯損傷の恐れも高まるでしょう。
靭帯損傷や関節痛を防ぐには、靭帯でエラスチンを不足させないことが重要です。
体内のエラスチンは加齢や紫外線、ストレス、喫煙などで減少します。
紫外線やストレスなどは可能な限り避けることも可能ですが、加齢は避けようがありませんよね。
そのためエラスチンは積極的に摂取していく必要があるのです。

 

エラスチンの摂取の方法として、まずは食事があります。
たんぱく質であるエラスチンは、すじ肉や軟骨、手羽先などに多く含まれていますので、これらの食材を食べるとよいでしょう。
ただ食事だけで十分な量のエラスチンを摂取するというのは簡単ではありません。
そこでおすすめなのがサプリメントです。
サプリメントなら手軽ですし、より高い効果が得られる就寝前の摂取にも向いています。
エラスチンは靭帯だけでなく、血管や肌などにも欠かせない成分です。
健康に生きるためににも、ぜひエラスチンの摂取を考えてみてください。