コラム

頭皮と毛髪の糖化対策にエラスチン!?

健康情報で「体の酸化を防ぐ」「抗酸化成分」といった文言はよく目にしますし、酸化は体によくないものであるというイメージをお持ちの方は多いでしょう。
では「糖化」はどうでしょうか。
酸化に比べるとあまり知られていない糖化ですが、加齢に伴う様々な不調と関係しています。
例えば頭皮や毛髪においても、糖化によって多くの問題が引き起こされるのです。

 

まず糖化とは、体内の余分な糖がたんぱく質と結びつき、老化物質であるAGEsを生み出す現象です。
AGEsが溜まっていけば老化が速まるだけでなく、がんや糖尿病などの病気を引き起こす可能性も高まります。
頭皮にはエラスチンやコラーゲンといったたんぱく質が存在しますが、これらが糖化すると頭皮が硬くなり、分泌腺や血管などが十分に機能しなくなります。
そうなると髪に栄養が届きづらくなりつややハリが失われ、白髪も増えやすくなります。
さらには髪が抜けやすくなったり、髪が生えてこなくなるということも、十分に考えられるでしょう。
また髪もたんぱく質ですから、髪自体も糖化して衰える可能性があります。
糖化は余分な糖がたんぱく質を劣化させる現象のため、糖化に繋がりやすい食べ物を取り過ぎないようにすることが大事です。
また十分な睡眠や適度な運動も心掛けたいですね。
頭皮や髪の老化を防ぐという意味では、エラスチンも積極的に摂取したいところです。
エラスチンは頭皮にハリを与えてくれますし、頭皮や髪に十分な栄養を届けてくれる柔らかな血管を維持するのにも欠かせません。
若々しい頭皮や毛髪を保つには、エラスチンがなくてはならない存在なのです。

 

体内のエラスチンは加齢と共に減っていきますので、積極的に摂取する必要があります。
すじ肉や軟骨といったたんぱく質が豊富な食材からも摂取できますが、手軽に摂りたいならサプリメントが向いていますね。
就寝前に摂取すれば、より高い効果が期待できるでしょう。
エラスチンは頭皮や毛髪だけでなく、体の様々な部位が必要としている成分です。
皆様もぜひ日々の生活に取り入れてみてください。