コラム

エラスチンと高血圧の関係

健康上の悩みは人それぞれだと思いますが、中でも高血圧にお悩みの方は少なくないでしょう。
高血圧対策としては「塩分を摂り過ぎないようにする」「適性体重を心掛ける」「ウォーキングなど適度な運動をする」などが有名ですが、これらとともにぜひ摂取したい成分があります。
「エラスチン」です。
エラスチンは高血圧とどのような関係があるのでしょうか。

 

エラスチンはたんぱく質の一種で、体内の様々な部位に存在しますが、特に柔軟性が必要な部位では欠かせない成分です。
弾力性と柔軟性に優れるという特徴を持つエラスチンのおかげで、血管や靭帯、皮膚などがしなやかに伸縮できるようになっているのです。
しかし体内のエラスチンは加齢と共に減少していきます。
血管のしなやかさが失われて十分な伸び縮みができなくなってしまうと、血流が悪くなり高血圧を引き起こします。
エラスチンの不足も、高血圧になる原因のひとつと言えるでしょう。

 

エラスチン不足の解消が高血圧対策の一環になるということですが、エラスチンはどう補えば良いのかというと、おすすめはサプリメントですね。
エラスチンはたんぱく質ですので、軟骨やすじ肉、手羽先などといった食材からの摂取も可能です。
とはいえ食事のみで十分な量のエラスチンを摂取するのは簡単なことではありません。
その点サプリメントなら手軽ですし、最も高い効果が得られるとされる「就寝前の摂取」にも向いています。
またエラスチンを積極的に摂取することに加え、喫煙や紫外線、ストレスといったエラスチンを減少させる要因はなるべく避けるようにもしたいですね。
エラスチンは高血圧対策にはもちろん、他の健康効果や美肌効果も期待できる成分です。
ぜひ日々の生活に取り入れてみてください。